人は誰でも他人との関わりがなければ、生きていくことはできません。
だからこそ、誰もが会話を中心としたコミュニケーションを通じて意思の疎通を図り、
関係を築いていくことが必要になるのです。

しかし、自分のコミュニケーション技術に自信を持てないという人は、意外と少なくありません。

人生は他人とのコミュニケーションの連続であり、
コミュニケーション上手が生き方上手につながるとすれば、
この技術の向上に積極的に取り組むべきでしょう。

コミュニケーション技術の向上とは、巧みな話術や説得術とは違います。

いわゆる口下手や無口であったとしても、
相手に自分の意思を的確に伝え、相手の心を揺り動かすことはできるのです。

単なる小手先の技術による見せ掛けだけのコミュニケーション技術ではなく、
人間が本来もつ根源的な欲求、すなわち本能に働きかける、真のコミュニケーション。

そのノウハウを開発し、全世界に発信したのが、
人間関係の先覚者として名声を博したのがデール・カーネギーです。

あなたは、次のような望みを心に抱いたことはありませんか?

  • 自分をもっとうまくPRしたい
  • 嫌なことは、はっきり「NO」と言いたい
  • 子どもの嫌われず、でも子どもの教育に意味のある叱り方をしたい
  • 人前で堂々と話しをしたい
  • 異性に自分の思いをスマートに伝えたい
  • 人をうまく褒めたい
  • 部下や後輩にうまくものを頼みたい
  • 自分より頭の良さそうな人が相手でも臆さず堂々と渡り合いたい
  • 素直に謝罪の気持ちを伝えたい
  • 苦手な上司とうまくコミュニケーションを取りたい
人は誰でも、他人との関わりがなければ生きていくことはできません。
だからこそ、現実社会の中では、誰もが会話を中心とした様々なコミュニケーションを通じて、
互いの意思疎通を図り、関係を調整し合うことが必要になるのです。

コミュニケーションの得意・不得意の差は、往々にしてその人の社会的地位や、金銭的な満足度に限らず、
心の平安度や、人生の充実度についてでさえ、大きな差を生むものであることは、誰でもが認めるところでしょう。

つまり、コミュニケーション能力の向上が、社会的地位や金銭的な満足度、 心の平安度や人生の充実度に飛躍的に向上させる上では不可欠なことなのです。

そしてそれらの結果として、上記に挙げた様々な望みを現実のものとすることができるのです。
では一般に、成功している人、うまくいっている人とは皆弁説さわやかで、
立て板に水のごとく自論を展開するような話術の持ち主のことを指すのでしょうか?

そんなことはありません。

コミュニケーション能力の向上とは、巧みな話術や説得術とは違います。

巧みな話術を持たない、いわゆる口べたや無口であったとしても、相手に意思を伝え、相手の心を揺り動かすことはできるのです。
これは、十分なテクニックを持った熱意のない話しと、 口べたでも溢れる熱意が込められた話しでは、 どちらに説得力があるかを考えれば明らかなことです。

このように、単なる小手先の技術による見せ掛だけのコミュニケーション技術ではなく、人間が本来持つ根源的な欲求、すなわち本能に働きかける、真のコミュニケーション技術を 開発しそれを全世界へと発信したのが、デール・カーネーギーであり、 そのノウハウの集大成がデール・カーネギーズ・ヒューマン・モティベーション・システムズなのです。

Page Top
▲先頭へ▲

COPYRIGHT © SSI Corporation AllRightsReserved.